カップルで観たい!「チョコレート」が題材の映画

「チョコレート」がテーマの名作

カカオの香り、砂糖の甘み、舌の上でとろける快感。チョコレートは私たちの心を捉えて離さない魅惑のスイーツです。そんなチョコレートは数多くの芸術のテーマとして描かれてきました。映画もその一つ。
チョコレートには媚薬の成分が含まれているという意見もあるくらいですから、映画の題材になるのも頷けますよね。
今回は「チョコレート」がテーマのカップルにオススメな映画をご紹介します。

カップルで観たくなる、甘くほろ苦い「チョコレート」がテーマの映画

ショコラ

(画像出典:https://goo.gl/2mSA4N)
フランスが舞台の作品。チョコレートの持つ不思議な魅力を描き出すとともに人々を取り巻く宗教や恋愛の問題にも強く踏み込んでいきます。アカデミー賞も受賞しており不朽の名作といえるでしょう。

恋するショコラ

(画像出典:https://goo.gl/yzt6xL)
あまり馴染みのないイタリア映画からこちらを。可愛らしいジャケットですが、中身はある男がチョコレートを通して周囲の人間と交流していくことで成長するヒューマンドラマです。チョコレート作りの講座シーンは必見です。

恋は邪魔者

(画像出典:https://goo.gl/EquEt3)
チョコレートを食べることとセックスの快感を比喩に使ったちょっと大人な映画です。目まぐるしく変わっていく衣装やラブストーリーの王道のストーリーも素敵ですが、物語の本質にある女性の社会進出というテーマにも注目してほしいです。

愛しのローズマリー

(画像出典:https://goo.gl/zfnFVM)
外見の美しさと内面の美しさという永遠の恋人たちのテーマを描いた本作。ヒロインのローズマリーが美味しそうにチョコレートケーキを頬張る姿はなんともいえない愛らしさを感じます。美味しいものをたくさん食べて、元気に生きていく。そんな前向きな気持ちにしてくれる作品です。

恋とスフレと娘とわたし

(画像出典: https://goo.gl/cXNk4m )
凄腕パティシエのママがまだ結婚しない娘のために奔走するロマンチックコメディですが、目を引かれるのは劇中に登場するスイーツの数々。
可愛い水玉模様のドレスの横で登場するスイーツを見て、目でも味わいましょう!

映画に出てくるチョコレート、実際に食べてみよう!

チョコレートを題材にした作品で忘れることができないのが「チャーリーとチョコレート工場」です。一度は誰もが夢に見たであろうチョコレート工場の体現ですが。作中登場するウォンカのチョコレートはお店で買うことができます!

(Amazonより:https://goo.gl/RYRvna)
チョコレートが出てくる映画を見ながら、チョコレートを食べるのも、乙ですよね。
映画を観ながら、大好きな彼・彼女と一緒にチョコレートのような甘くとろける時間を過ごしてくださいね。

CHOCOLATE COLUMNSトップに戻る