イタリア生まれのバッチチョコレートも!カルディで手に入る!魅惑の輸入チョコレート

あま~いチョコレートを食べたいなら、海外のチョコレートがオススメ

日本のお菓子は比較的甘さが控えられていて、バランスのよい味に仕上がっているものが多いです。
特に最近では健康志向も手伝ってカカオの含有量の高いものなど、カカオ本来のほろ苦い味わいの商品もよく見かけます。
もちろん、それはそれで美味しいのですが、もっと濃厚で甘いお菓子が食べたいといった気分の時も多いのではないのでしょうか。そんな時におすすめなのが海外のチョコレートです。海外の製品の中にも苦味が特徴のものもあるのですが、全体としてしっかり甘く、特に日本の商品に食べ慣れてしまっている人は最初食べた時は少し驚いてしまう程の甘さです。しかし、一度その甘さに慣れてしまうと、むしろこれくらい甘くないと物足りないといった風に海外のチョコレートに、はまってしまう事も多いでしょう。

輸入チョコレートが気軽に変えるショップと言えば・・・

海外の甘いチョコレートが購入できるお店といえばカルディがおすすめです。

カルディは珈琲と輸入食品の他にもワインなどの酒類も扱っていて、日本各地の店舗を展開しています。店舗はショッピングモール内や駅構内などにも多く、普段の買い物のついでにカルディに立ち寄るといった事も可能で、利便性にも優れています。また、カフェやワインバーが併設されている店舗もあるので、買い物の途中に一息つくこともできます。
なお、カルディの店内にはエスニックから欧米など世界中の商品がうず高く陳列されていて好奇心がそそられるだけでなく、元々珈琲豆の焙煎業から始まった会社で店内では珈琲の無料配布も行っているので、良い香りが漂っていてついつい甘いお菓子に手が伸びてしまいそうな、そんな雰囲気が感じられます。

カルディで手に入る、オススメの輸入チョコレート5選

では、カルディで購入できるオススメの輸入チョコレートを五つ紹介します。


1つ目は、インディアルポテトチップスです。

この商品は名前の通りポテトチップスにチョコがかかっていて、それぞれの風味が生かされた商品です。
甘い×しょっぱいの組み合わせが、エンドレスで手が止まらなくなること間違いなしでしょう・・・。

2つ目はリンツ・ミルク・エキストラシンです。

(※画像出典:https://goo.gl/7sXhea)

この商品はなめらかな風味で、薄型に作られているので、口の中でさっと溶けていき、何枚でも食べたくなってしまいます。

リンツ商品一覧はこちら

3つ目は、ペルジナバッチチョコレートビアンコチューブ。

これはヘーゼルナッツをチョコで包んだ商品で、包装からも海外商品らしさを感じることができます。

baciの商品一覧はこちら

4つ目はガヴァルニー・ボリータスチョコレートです。

 

甘い素材同士の組み合わせなので、濃厚な甘さを楽しめます。

ガヴァルニーの商品一覧はこちら


最後は、カストナー・チョコレートウエハースです。

コーヒークリームたっぷりのチョコ掛けウエハースです。
さらに、そこにキャラメルの風味が加わることで濃厚な甘さを楽しめます。
コーヒーの程良い苦みとサクサクの食感がやみつきになる一品です。

 

いかがでしたか?日本のチョコレートとは違った風味、味、食感をもっている海外のチョコレート。
とびっきりあま~いチョコレートを食べたくなったときの常備品、さっそくカルディで見つけてみましょう!

RelatedPost

CHOCOLATE COLUMNSトップに戻る