サクサク、もっちり食感がたまらない!パン・オ・ショコラが美味しいお店

パン・オ・ショコラとは

パン・オ・ショコラは、さっくりと焼きあげたクロワッサン生地の中にプレーンなチョコレートを入れた、シンプルながらもバターの香りとチョコレートの甘味を楽しめる奥深いパンです。フランスでは朝ごはんによく食べることが多く、一日の始まりに元気をくれる、そんな素敵なパンです。今日はそんなパン・オ・ショコラの名店を紹介していきたいと思います。

一度は食べたい!名店の「パン・オ・ショコラ」

LE PAIN de Joël Robuchon

いわずとしれたフレンチの名店「ジョエル・ロブション」のパン専門店です。なんといっても生地のさくさくとした食感がぴか一。チョコレートも甘味が強いタイプではなく、サクサクした食感が食べやすさを誘い、何個でもお腹に入ってしまいそう。渋谷と新宿に店舗があるほか、六本木のジョエル・ロブションでもパンを購入することが可能です。

BOUL’ANGE

クロワッサンの名店「ブールアンジュ」のパン・オ・ショコラです。クロワッサンの食感には定評があるこちらですが、当然パン・オ・ショコラの食感もさっくさくです。そのさくさく食感と絶妙にマッチするのが程よくとけたチョコレート。食感と香りのコントラストをお楽しみください。

MAISON Kayser

パンを語るうえで絶対に忘れてはいけないのがメゾンカイザーです。どのパンも美味しいのですが、ここのパン・オ・ショコラは芸術品の域に達しているほど。色良い焼き上がりにふんわりとした形、そしてサクサクすぎるほどの食感と程よい甘さのチョコレート。要素のすべてが最高な形でマッチしています。

PAUL

都内各所に店舗があるPAULですが、パンの美味しさはどこも変わりません。こちらのパン・オ・ショコラは上記3店舗と比べるともちもちとした食感で濃厚なチョコレートを受け止めてくれています。食べ応えのあるパンを食べれば元気がでること請負です!

Le Pain Quotidien

店名はフランス語で「日々の糧」を意味します。こだわった素材から作られるパンはまさに毎日食べたくなる味に仕上がっています。パン以外のメニューも豊富にあるのでぜひイートインスペースを利用してみてください!
フランス人にとってパンは切っても切り離せないもの。
ここで紹介したお店のパンを食べれば、その哲学が少しわかるような気がしてきます。


いかがでしたか?
今回紹介したお店は、パン・オ・ショコラ以外にも素敵なパンをたくさん作っていますので、あなたのお気に入りを見つけてくださいね!

CHOCOLATE COLUMNSトップに戻る