マンダリン・オリエンタル東京で味わう“日本のお花見”がテーマの「桜スイーツ」

マンダリン・オリエンタル東京は日本橋に構える最高級ホテルの一つです。香港を拠点としていたイギリス系の総合商社「ジャーディン・マセソン」が香港のセントラルにオープンしたマンダリン・オリエンタル香港が始まりとされています。
この「マンダリン・オリエンタル東京」は過去に世界最高のホテルと評価されたこともあります。
結婚式や海外からの来賓を迎えるイメージが強いマンダリン・オリエンタル東京ですが、スイーツも有名です!今日は2018年にマンダリン・オリエンタル東京が送る最高級スイーツをご紹介したいと思います。

2018年、マンダリン・オリエンタル東京の「スイーツ」紹介

マンダリン・オリエンタル東京では春を先取りする「桜スイーツ」が登場しています。こちらはなんと“日本のお花見”がテーマの桜スイーツとなっているのです!スイーツは「ザマンダリンオリエンタルグルメショップ」で販売されます。

(フラワーガーデン 850円+税)

「フラワーガーデン」は、桜の花びらが入ったジュレを加えた桜ムースの上に、桜の樹に見立てた繊細なチョコレートをデコレーションした、アーティスティックなスイーツとなっています。また「桜のパンナコッタ」は桜餡の水羊羹に日本酒のジュレ、桜の花びら入りのジュレを加え、仕上げに金箔をあしらった和風なスイーツ。

(桜パンナコッタ 750円+税)

このほかにも桜がふわりと香る「桜のパウンドケーキ」や「桜と苺のボンボンショコラ」「桜のマカロン」などが充実のラインナップであなたをお出迎えします。

“お花見ピクニック”をイメージしたアフタヌーンティー

(画像出典:https://www.fashion-press.net/news/37240)
そしてさらに桜スイーツのみならず“お花見ピクニック”をイメージしたアフタヌーンティー登場します!

こちらは38階のオリエンタルラウンジで提供。

全てのスイーツに「桜」を取り入れ、桜の花びらモチーフがあしらわれたジュレやケーキ、桜マカロンなどを思う存分堪能できる春爛漫なアフタヌーンティーです。
ドリンクにも薄紅色の桜カクテルが用意され、季節のお茶として2種類の桜フレーバーティーも候補に並びます。


春の気分をさらにあげてくれる桜スイーツとお花見アフタヌーンティーで、春爛漫な気分浸ってみてはいかがでしょう?

【詳細】
マンダリン オリエンタル 東京 桜メニュー
期間:2018年3月15日(木)〜4月27日(金)
住所:東京都中央区日本橋室町 2-1-1
■桜スイーツ
場所:1階 ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ
時間:平日 7:30〜20:00 / 土日祝 9:00〜19:00
価格:
フラワーガーデン 850円+税、桜パンナコッタ 750円+税、桜マカロン 600 円+税、桜パウンドケーキ 3,200円+税、桜と苺ボンボンショコラ 350円+税、桜ボンボンショコラ 350円+税
■桜 アフタヌーンティー
場所:38階 オリエンタルラウンジ
時間:12:00〜17:30
価格:平日 4,500円+税 / 土日祝 4,800円+税
※サービス料別
※カクテルは、+1,900円+税でノンアルコールの「桜モクテル」も用意。

CHOCOLATE COLUMNSトップに戻る