食べ過ぎ厳禁!!「チョコレート効果」から72%の大容量BOXが登場!

チョコレート効果とは?

チョコレート効果はカカオポリフェノールによる健康への効果を期待できる高カカオ成分を豊富に含んだチョコレートで、1998年に発売されて以来ロングセラー商品として今年で20周年を迎えました。美容や健康に良い影響を期待できるということで特に女性に人気が高い商品です。
普通のチョコレートとは少し違って苦味を感じることもありますが、毎日少しずつ摂取することで健康によいとされています。高カカオとはカカオ分70パーセント以上を含むチョコレートのことですが、食べてから24時間後にはほとんどが体外に排出されてしまいます。そのため、できれば1日25gほどを数回に分けて食べるようにするのが良いです。
1枚あたりのポリフェノール含有量はおよそ127mg、チョコレート効果を1箱丸ごと食べると1905mgのポリフェノールを摂取できます。

1㎏分のチョコレートってこんな感じ

チョコレート効果にはまとめて購入しておきたい方や家族やお友達と一緒に食べたい方におすすめの大容量ボックス(1kg分)が用意されています。ボックスの大きさは幅が24cm、高さが11cm、奥行が17cmほどとなっています。
高カカオチョコレートの一日の摂取目安量はチョコレート効果ですと1日3枚から5枚ほど食べるのが良いとされています。慣れない方はまず1日2枚程度から始めると良いでしょう。ポリフェノールが24時間で体外へ排出することを考えますと、毎日継続的に高カカオチョコレートを適量食べたほうが良いということになります。そう考えますと大容量ボックスは何度も買い足す手間が省けますので、非常に便利です。
また、お菓子作りなどをする方にとっても1kgも入っている大容量ボックスはお得に購入することができるので良いです。

食べ過ぎには気を付けよう

高カカオチョコレートには美肌効果、ストレス緩和や便秘改善、血圧の低下、動脈硬化やアレルギーの予防などの効果を期待できます。しかし、だからといって過剰摂取すれば良いというものではありません。例えばチョコレート効果にはカカオ72%、86%、95%があります。それぞれで含まれているポリフェノールの量は微妙に違います。カカオの含有量が多ければ多いほど、ポリフェノールの含有量も多くなります。
高カカオチョコレートはカカオの含有量が多いために一般的なチョコレートと比べて脂質が多くなりますし、デオブロミンやカフェインといった過剰摂取によって不眠や頭痛などを引き起こす成分も豊富に含まれています。さらにアレルギー物質となるニッケルも通常のチョコレートと比較して2倍から4倍も含まれています。
こういったことから過剰摂取することは逆効果になる可能性があるので、たくさん食べればいいということではなく、適量食べるようにするのが良いのです。

明治チョコレートの商品一覧はこちら

CHOCOLATE COLUMNSトップに戻る