100年の歴史を持つ老舗ブランド。オランジェットでもお馴染みの、ベルギー王室御用達チョコレート「レオニダス」

ベルギー王室御用達チョコレート「レオニダス」とは?

ベルギー王室御用達のチョコレート店「レオニダス」は1913年にギリシア出身の菓子職人であるレオニダス・ケステキディス氏によってベルギーのブリュッセルで開店しました。開店した年に開催された万国博覧会でギリシア代表として参加したレオニダスはなんと金賞を受賞しています。
現在のマークに使われているのは後継者となったレオニダスの甥のバジルによってレオニダスの功績を称えて同じ名を持つ古代ギリシア・スパルタの王の肖像がロゴマークにしたものです。そして現代でも人気となっているマノンカフェや受け継がれているチョコレートの数々の多くはこのバジルによって作りだされたものです。
そして1970年には有限会社となり、現代でもベルギー内で行われたネット投票によってチョコレート部門では3年連続で一位に輝いています。2013年にちょうど創業100周年を迎えたレオニダスはベルギー王室御用達の認定を受けており、100%ココアバターで作られた味と風味にこだわって作られています。

オランジェットやフルーツゼリーも魅力的

レオニダスといえばチョコレートのイメージが強いですし、実際にチョコレートはとても人気のものなのですが、それだけでは終わりません。レオニダスではオランジェットやフルーツゼリーなども人気です。
なんとオランジェットは年間を通して人気ナンバー1を誇るピールショコラなのです。スティック状にカットされたオレンジの皮にビターチョコレートをかけたオランジェットは大人のおやつにもぴったりです。

またフルーツゼリーは見た目も可愛らしく、程よい甘さとなっています。

フルーツゼリーはパテドフリュイと呼ばれています。チョコレートが人気ランキングで多くを占めるレオニダスですが、そんな中でも人気ベスト10内に入っているのがこのフルーツゼリーなのです。苺や洋ナシなど果物そのものの形をしているので、箱入りアソートはおみやげにも良いです。

ツウなら店舗で1粒買いもアリ!

レオニダスは箱入りアソートで購入する人が多いですが、お店が近くにある方であれば店舗まで足を運んでお気に入りを1粒から購入してみるのもおすすめです。店舗は全国各地にありますので、自分の居住地にお店があるかをチェックしてみましょう。
お店が近くにない場合にはオンラインショップで購入することができますが、オンラインショップでは基本的に1粒買いをすることはできません。箱入りとなっているためです。しかし店舗であれば好きなチョコレートやフルーツゼリーなどを1粒から買って帰ることができますので、その日のおやつに買うこともできます。お気に入りばかりを買ってお友達などに紹介してみるのも面白いです。商品を自分の目で見てから気軽に買うことができるのもメリットの1つです。

レオニダス商品一覧はこちら

RelatedPost

CHOCOLATE COLUMNSトップに戻る