2018年!ヴィタメールのとろけるバレンタインチョコレートは、ハート型のスフレ ヴィタメールチョコレートの魅力

ヴィタメールは1910年にベルギーの首都ブリュッセルで、初代アンリ・ヴィタメールによって創業されたパティスリー(洋菓子店)です。ベルギー王室の御用達として知られていて、主な商品はチョコレートやケーキになります。ベルギー本国以外で支店があるのは日本だけで、大都市圏のデパ地下を中心に出店しているのが特徴です。
ベルギーの伝統的なチョコレートは独自の製法で作られていて、型にチョコを流し込んで形を作った後、中に詰め物をして、さらに底になる部分にチョコで蓋をして取り外して完成します。

これがプラリネチョコレートで、ヴィタメールの「ショコラ・ド・ヴィタメール」はこの伝統的な製法で作られており、しっかりとしたチョコの味わい、フィリングとのマリアージュを楽しみ、食感も含めて素晴らしい美味しさです。

梅田大丸店限定!寒い季節に嬉しい。口の中でとろけるバレンタインデザート

日本でもっともチョコレートの需要が高くなるのは2月のバレンタインデーシーズンで、この季節は1年で最も寒さが厳しいです。ヴィタメールではそういった寒い時期にぴったりの、温かく口の中でとろけるバレンタインデザートの販売がはじまります。梅田大丸店限定で販売期間は1月31日から2月14日、単品またはドリンクのセットが用意されていて、ご利用はイートインのみでテイクアウトはありません。

「アムールショコラデセール」はハート形のスフレショコラは焼き立てで温かく、甘酸っぱいベリーソースと冷たいバニラアイス、さらにサクサクのメレンゲで構成されて、異なる温度や食感のハーモニー、濃厚でありながらまろやかな味わいを楽しめます。バレンタインシーズン限定で梅田大丸店のみで提供されるスペシャルテですので、この機会を逃さず味わってください。

まとめ

ヴィタメール梅田大丸店はチョコレートの美味しさを新しいスタイルで提供することをコンセプトにしていて、「ショコラバー」という業務形態のお店です。こだわりのカカオを利用したチョコレートドリンクをはじめとして、ここでしか味わえないショコラデザートなど、新たな魅力や美味しさに出会うことができます。

店舗は大丸梅田店の地下1階の西JR側にあり、イートインコーナーとしてカウンター席が設けられているのが特徴です。手軽に立ち寄ることができて、テイクアウト商品では味わえないドリンクやデザートを楽しむことができます。期間限定の「アムールショコラデセール」はこちらでしか食べられませんので、お近くの方はもちろんですが、チョコレート好きなら遠征してでも味わいたい一品だと言えるでしょう!

(※営業時間は10時から20時30分、元旦を除いて年中無休で営業しています。)

ヴィタメール商品一覧はこちら

RelatedPost

CHOCOLATE COLUMNSトップに戻る