噂は本当? チョコレートの食べ過ぎでニキビができる?

甘くておいしいチョコレートは
ついつい食べ過ぎちゃうことも多いですよね。

 

チョコレートを食べ過ぎると、
ニキビが気になるという人も
いるのではないでしょうか?

 

そこで今回はチョコレートを
食べ過ぎるとニキビができるというのは
本当なのかご説明します♪

 

「チョコレートを食べるとニキビができる」は本当?


結論から言うと嘘であり本当でもあるのです!

 

実はチョコレートを食べ過ぎたからと言って、
ニキビができるかどうかはわかりません。

 

しかしチョコレートを食べすぎて
ニキビができた体験がある人もいると思います。

 

どういうことなのか説明すると、
チョコレートを食べ過ぎたかどうかよりも、
栄養バランスの偏りがニキビに深く関係しているのです。

 

ニキビができる要因


チョコレートは種類によって、
砂糖や脂質が多く含まれています。

 

脂質や糖分を摂ると皮脂の栄養になり、
皮脂が分泌されます。

 

脂質や糖分を摂りすぎると
皮脂の分泌も増え、
増えた皮脂が毛穴に詰まることで
ニキビができるのです。

 

また、脂質や糖分を代謝するために、
ビタミンB群が使われます。

 

ビタミンB群は
お肌の調子を整えるのに必要なため、
脂質や糖質を摂りすぎてしまうと
代謝のために使われ、
その結果肌荒れへと繋がります。

 

ニキビができない
チョコレートの食べ方は?


まずは第一に食べ過ぎないことが大切です。

 

食べ過ぎてしまうとビタミンB群が
使われてしまうため、
肌荒れやニキビの原因となります。

 

また、ビタミンB群は糖質をエネルギーへ
変換させるため、不足してしまうと
体が疲れてしまったり、
太りやすくなってしまうこともあります。

 

チョコレートを食べ過ぎないためには、
個装タイプのものをおすすめします♪

 

気づいたら板チョコを一枚
食べきっているという人でも
個装でしたらゆっくり食べることができます♪

 

また、個装タイプだと何個まで食べるかを
決めておけるのでいいですね♪

 

「どうしてもチョコレートをたくさん食べたい!」

そんな方はあらかじめビタミンB群を
取っておくことも一つの手です。

 

ビタミンB群はサプリメントでも
手軽に摂取でき、食材では豚肉の赤身や
ナッツなどにも含まれています♪

まとめ

チョコレートを食べ過ぎると、
チョコレートのせいではなく
栄養バランスなどが原因で
ニキビができるのです。

 

どんな食べ物でも食べ過ぎは
良くないとされているので、
チョコレートを食べる際は
食べ過ぎには十分注意を!

 

ただ、ニキビや肌荒れを覚悟したうえで
チョコレートを沢山食べるのも
たまにはいいですね♪

RelatedPost

CHOCOLATE COLUMNSトップに戻る