美容効果あり!?カカオポリフェノールに秘められた効果

チョコレートの原料、カカオ。
何気なく頬張っているそのチョコレート。実はとてつもない美容効果を秘めているのをご存知でしょうか?
カカオにポリフェノールが含まれていることは、なんとなく見聞きしたことがあるでしょう。
しかし、その美容効果については詳しく知らないのでは・・・?

今回は、チョコレート好きなら知っておきたい「カカオポリフェノールの素晴らしき美容効果」についてご紹介します!
 

■目次
1. 今すぐ食べたくなる!? カカオポリフェノールに秘められた美容効果4つ
 1-1. 美白
 1-2. 美肌
 1-3. 便秘解消効果
 1-4. ストレスに強くなる
2. 1日にどれくらい食べてもいいの?
3. まとめ

今すぐ食べたくなる!? カカオポリフェノールに秘められた美容効果4つ

 

美白

カカオが美白に効果的な理由は、「カカオポリフェノール」の抗酸化作用にあります。
ポリフェノールは植物独特の成分で、光合成の際に紫外線によって発生する活性酸素や、
虫や小動物などの攻撃から植物を守る作用があります。
ポリフェノールの活性酸素除去=抗酸化作用は、食べ物として摂ったときに人間の体の中でも有効なのです。
 

美肌

カカオには、ポリフェノールのほかにも「テオブロミン」という成分が含まれています。
このテオブロミンには、血行を良くして基礎代謝をあげる効果があります。
肌のターンオーバーは、年齢を重ねるとともに鈍くなりがち。
テオブロミンは、鈍くなった肌のターンオーバーのサイクルをスムーズに動かすのに役立ちますので、
美肌効果が期待できるのです。
 

便秘解消効果

カカオに含まれるカカオプロテインという成分が、便通改善に効果を発揮します。
カカオプロテインは、難消化性で消化されにくいタンパク質なので、小腸では消化吸収されず、
そのまま大腸まで届き、便の「もと」となり、便のかさを増やすことができます。
さらには腸内細菌のえさとなって、整腸作用にも効果が期待されています。
 

ストレスに強くなる

カカオポリフェノールには、ストレスホルモンの分泌を抑制する働きがあります。
また、ストレスを受けそうだと感じた時にはストレス反応を抑制し、すでにストレスを感じている場合はストレスを緩和する効果があると言われています。ストレスは美容の大敵。自律神経を整えてくれる効果もあるため、ストレスでお肌の調子や体調が優れないときは、ぜひ高いカカオチョコレートを食べてみてください。
 

1日にどれくらい食べてもいいの?

カカオポリフェノールの摂取量の目安は、健康な大人で1日当たり200~500mgと言われています。
ブラックチョコレートなら3~7かけら、カカオ分90%の高カカオチョコレートなら2~3かけら、
純ココアならティースプーン1~2杯くらいです。
この数値は、あるカカオ製品を扱う会社の研究所で算出されました。
なぜこの数値になったかというと、その研究所が算出した「健康な大人が1日に摂取するポリフェノールの理想量」は1500mg。しかし、現代人が食事からとっているポリフェノールの量は約1000~1300mgとのこと。
ポリフェノールとは、何もカカオだけに含まれているわけではありません。
野菜や緑茶にも含まれているので、全体のバランスを考えた時に
「足りない200~500mgはカカオポリフェノールで補えばいいのでは?」という発想です。
 

まとめ

最近では「高カカオチョコレート」がさまざまなメーカーやブランドから販売されています。
美容と健康のためにも、ぜひ試してみてくださいね。

CHOCOLATE COLUMNSトップに戻る