冷蔵庫はNG!?チョコレートはどこに保存する?

みなさんチョコレートは
どこで保存していますか?

 

常温保存、冷蔵庫、
冷蔵庫と答えたあなた!

 

実は冷蔵での保存はNGなのです!

 

特に自分へちょっと高めの
ご褒美のチョコレートを
購入しているあなた!

 

正しいチョコレートの
保存方法を知って
チョコレートを
美味しく食べましょう♪

 

今回はチョコレートの保存方法と
夏場にチョコレートを
美味しく持ち運ぶ方法を
ご紹介します!

チョコレートの保存方法


チョコレートの保存は
15度から22度が適温と
いわれています。

 

そのため家で保存する場合は
常温保存がよいでしょう。

 

しかし、夏場は部屋が
22度以上になる場合があります。

 

その場合は冷蔵庫の野菜室に
保存することがおすすめです♪

 

冷蔵庫の野菜室は冷蔵庫よりも
温度が高く設定されています。

 

野菜室の温度は
3度から7度ぐらいが多いので、
適温温度ではありませんが、
暑い室内や冷蔵庫に
入れるよりおすすめなのです。

 

また、チョコレートの敵は
温度だけではなく、
湿度も風味を落とす原因となります。

 

野菜室は湿度が低いのです♪

 

しかし、野菜室にチョコレートを
そのまま入れてしまうと
においが移ってしまうことがあるので、
ジップロックなどで密封して
保存するようにしましょう♪

 

さらに密封したものを
新聞紙で包んでから保存すると
温度変化が緩やかになるので、
よりチョコレートを美味しく
保存することができます。

夏場にチョコレートを美味しく持ち運ぶ方法


チョコレートが溶け始める
温度を知っていますか?

 

チョコレートが
溶け始める温度は28度です。

 

最近では夏に30度を超えることが
多いですよね。

 

そんな中チョコレートを
美味しく持ち運ぶには
どうしたらよいでしょうか?

 

夏場でも美味しくチョコレートを
持ち運ぶ方法をご紹介します♪

保冷剤と保冷バック使う


保冷剤と保冷バックを使うことで
持ち運ぶことができます。

 

保冷剤を保冷バックにいれ、
そこにチョコレートを入れることで
美味しく持ち運ぶことができます。

 

このときに注意が必要なのが、
保冷剤を直接チョコレートに
当てないようにするということです。

 

直接当ててしまうと
急な温度変化で
風味が落ちてしまうことがあります。

まとめ

いかかがでしたでしょうか?

 

今回はチョコレートの保存方法と
チョコレートを夏場に美味しく
持ち運ぶ方法をご紹介しました。

 

チョコレートは保存方法で
味や風味が大きく変わりますので、
ぜひ試してみてください♪

 

夏の暑さに負けず、
美味しいチョコレートライフを
送りましょう♪

RelatedPost

CHOCOLATE COLUMNSトップに戻る